ファクタリング メリットとデメリット

ファクタリングで事業資金を早急に確保したいとお考えの事業主の方は多いです。

 

そこで当サイトではファクタリングのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

ファクタリングの事をメリットとデメリットを理解せずに損しないためにも以下より最後まで読み進めて見て下さい。

 

 

ファクタリングのデメリットとは

 

まずはファクタリングのデメリットから見て行きます。

 

融資・借入の「金利(年利)」と比べるとファクタリング「手数料」が割高

 

ファクタリングのデメリットは「手数料」が融資・借入の「金利(年利)」と比較すると割高になります。

 

ファクタリングは手数料という形で、売掛債権を買取の際に差し引かれます。

 

ファクタリング手数料の平均
3社間ファクタリングの手数料 1%~5%
2社間ファクタリングの手数料 10%~30%

 

融資の法定利息(貸金業者の利息上限)
元本10万円未満 年20%
100万円未満 年18%
元本100万円以上 年15%

 

比較すると違いがわからないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、融資の利息の場合は年利(12カ月)であるのに対し、ファクタリングの手数料は売掛債権を買取の都度にかかります。

 

つまりファクタリングは1~2ヶ月先に入ってくる売掛債権を買い取ってもらうと仮定し、期間に注目する場合は割高となっていると理解がしやすいです。

 

3者間ファクタリングだと売掛先(取引先)の同意が必要

 

上記に記載した3者間ファクタリングについて説明をします。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング大きな違いは売掛先の同意を「必要とするかしないか」です。

 

3社間ファクタリング 売掛先の同意の必要なし
2社間ファクタリング 売掛先の同意が必要

 

手数料の違いもあります。

3社間ファクタリング 手数料が低い
2社間ファクタリング 手数料が高い

 

3社間ファクタリングの売掛先の同意が必要な場合、売掛先に知られるので「経営状態が悪化しているのか」など疑念を抱かれ今後の取引する上でマイナスに働いてしまう可能性もあります。

 

そのような理由から2社間ファクタリングを利用される企業が多いです。

 

ファクタリングのメリット

 

ここからはファクタリングのメリットについて説明をしていきます。

 

売掛金を早期に現金化

 

ファクタリングの一番のメリットはなんと言っても資金化するスピードが速いことです。

 

急な受注の増加などによって資金が早期に必要な際には便利です。

 

融資の場合は審査などもあり、時間がかかるデメリットがあるのですがファクタリングなら安心です。

 

融資・借入扱いにならない

 

ファクタリングは売掛債権の売買契約なので借入にならないメリットがあります。

 

売掛先倒産でも返済義務なし

 

売掛先(取引先)が倒産した場合でも、支払いする義務がなく、早期資金調達とリスクの低減を同時に行えるのもファクタリングのメリットです。

 

担保・保証人は不要

ファクタリングの場合は取引先(売掛先)の信用が重視されるため、借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

 

またファクタリングの場合、担保や保証人等も不要となっています。

 

ファクタリングを実際に利用した方の口コミ

 

 

 

急な受注が入り材料費や人件費の支払いのために資金が急に必要な時に利用をしました。

 

銀行融資は融資までに時間がかかり到底間に合わなかったためファクタリングの資金化の速さに助けられました。

 

資金が早急に得られたので取引先の信頼を損なわずに済んで何よりでした。

 


 

 

 

売掛金の入金は3~6カ月先だったので、資金繰りが上手くいかなくなることが結構な頻度でありました。

 

融資ですと時間がかかる上、何度も依頼をすると信頼を損なうためお願いするのも気後れします。

 

ファクタリングですと審査も早く、売掛金の買取という契約形態のため借り入れでなく信頼も失わずに済むので便利です。

 


 

 

 

嬉しいことに売り上げが上がってはいるものの、仕入れの資金が足りなくて困っていました。

 

売り上げが伸びているこの好機を逃さないためにも新規に注文をしたいし、従業員への給料などの支払いもしなければなりません。

 

そんな時にファクタリングを利用してスピーディーに資金化して、売り上げもさらに伸びて拡大出来ました。

 

融資では間に合わない柔軟性のある早急な対応は、ファクタリングの醍醐味であると思います。

 


 

ファクタリングをすると良い事業者は?

 

ファクタリングの口コミなどを見ると、急成長の事業者の方が利用されているのが多い印象です。

 

事業が軌道に乗り、売り上げが急激に伸びる時は、一気に売掛金は増加しますが資金が減少します。

 

この高低の差が生じる時に活用されるのがファクタリングです。

 

売掛金は増加しているのですから、それをスピーディーに資金化してさらなる売り上げ増加の為に活用して事業を拡大してくことが出来ます。

 

せっかく事業が軌道にのっているのに、資金が無くてチャンスを逃すのはもったいないですよね。

 

ファクタリングの特性を臨機応変に活用してチャンスを生かして行きたいものですね。

 

 

優良ファクタリング業者のおすすめ

 

ファクタリング業者の中でも今おすすめの業者を紹介します。

 

事業資金エージェント

 

事業資金エージェントの特徴は何と言っても入金スピードの速さです。

 

即日入金は当たり前の最短3時間後に入金可能です。

 

事業資金エージェントの特徴まとめ
  • 手数料が1.5%~
  • 2社間対応(取引先に売掛金譲渡承諾が不要)
  • 保証人や担保不要
  • 最大3億円まで対応

 

⇒事業資金エージェントの公式サイトがこちら

 

ファクタリング東京

 

ファクタリング東京では個人事業主でも利用可能な少額資金からでも歓迎しています。

 

ファクタリング東京の特徴まとめ
  • 個人事業主でも利用可能
  • 赤字決済・税金滞納でも利用可能
  • 最短で翌日に資金調達が可能

 

⇒ファクタリング東京の公式サイトがこちら

 

資金調達プロ

 

10秒で完了する無料診断で今いくら資金調達できるかすぐにわかります。

 

ファクタリング東京の特徴まとめ
  • 提携事業者数No.1
  • 資金繰り改善率93.0%
  • 全国対応

 

⇒資金調達プロの公式サイトがこちら

トップへ戻る